© 2018 | com2004.com

御挨拶

  • 屋号としての混(com)。混 色 とは光の三原則(RGB)。食 と 色(ショク)、それは無限のカレイドスコープ。私の水晶体に写る可視光線には、人と自然、日本の文化と、世界の料理が色々混ざり合い、色んなお客様で混み合うcom munityの生まれる長屋。そんな景色が広がります。

    寺西家阿倍野長屋(文化庁登録有形文化財第270268号)。この四軒長屋には「四季」がある、「喜怒哀楽」がある。4という数字は死を連想させ、忌み嫌う数字ではあります。ですが、私達は多くの生命を奪いながら、大切な日常生活を過しています。

    命を頂く、食べるという行動は、身体を形成し、生命活動に必要不可欠です。命を絶って命を繋ぐ。自然界に存在する食材は死んだ訳ではなく、食べることにより私達の身体の中で活き続ける命の連鎖。花火じゃないけど、消えてなくなる芸術。「森羅万象」「八百万の神」「一物全体」「始末の心得」に習い、古い長屋建築も食材もゴミと思わず、素材の良さを最大限に引きだし、足りない部分を補う、そして、再び命の輝きを宿す。命のバトン。生産者から市場など経て、料理人、サービスマン、そしてお客様へ。色んな人と人との結びつき、その心が一つの皿になる。

    アナログとデジタル、それは横長と縦長。長屋は横長のアナログ。かつて隣近所のお付き合いもあった。ビルは縦長でとデジタル。マンションの隣人も見知らぬ箱の中で、動かずとも世界と繋がるネットワーク。色褪せると共に輝きを増し、時が経つとともに更に価値の高まる文化財の長屋。大地を生きた木々は今、形を変え町に溶け込む木造の建造物。この長屋は、目まぐるしく速く進むデジタルな現代を、立ち止まり、アナログな温もりを感じさせる。

    心臓の鼓動と、時計の針音。時を刻むとは、生きる時間を数えています。無駄な時間とは、命を削るに等しい。生命とは生まれてそして死ぬ、そのことはどんなお金持ちや貧乏人でも決まっている。そして死に方はほぼ自分では選べない。食事の場が一日3回とあるのなら、一年間に1095回。エネルギーの摂取のためだけではなく、お客様に大切なお時間を提供するために、料理だけが商品でははいと考えています。心に、とどめて頂けるヒトトキを味わえるよう、光が影をより深くし、陰が光をより際立たせる。私共が目指す、お客様へのおもてなしの心で御座います。

    人類は海からやってきて、四足から二足歩行に。それは顎や舌の長さ、横向きの胴体から重力を感じる垂直に、食材の滞在時間が変わる事により、消化吸収時間による味覚の変化がある。将来、無重力空間が長くなれば、感覚器官や筋肉、人の味覚の受容体も変わるでしょう伝統とは当時の最先端で大流行したものです。ルーツを理解し 、枠にとらわれず、食 というステージで、変化に柔軟に進化し、色んな彩り、 混 色 の灯りを、燈して活きます。

ご予約・アクセス

ご予約 TEL:06-6623-4156
MAIL:com.270268@gmail.com
Twitter instagram Facebook

キッチンバー 混

市営地下鉄 御堂筋線 昭和町駅
徒歩1分。
昭和町駅4番出口から出て、昭南ビル(1階がミスタードーナツ)のある交差点を左折し、左手です。

  • lunch

    11:30~14:00(L.O) 15:00 CLOSES
    税別
  • dinner

    18:00~21:00(L.O)
    ワンドリンク制、サービス料金別途・税別
    コース以外はカバーチャージ別途500円
    カード使用可
  • bar

    21:00~23:00(L.O)
    ワンドリンク制
    税別
    カバーチャージ別途500円